※【必読】このブログを利用する際の注意事項

【自動複利】beefy.financeの使い方をわかりやすく丁寧に

beefy.financeの使い方を1から説明していくよ!

こんにちは、仮想通貨ブロガーのぱんだ(@pandablog02)です。

今回の記事は、仮想通貨初心者向けのDeFi使い方講座です。

beefy.fainanceは、PancakeSwapなどのDeFiを利用する際のお役立ちプロジェクトです。イールドオプティマイザーと呼ばれるものです。

PancakeSwap等のDeFiを利用していないとbeefy.financeの利用価値が少ないので、PancakeSwapの利用がまだの人はまずはPancakeSwapを始められる状態にしてください。

【DeFi】PancakeSwapとは?始め方と使い方を1から解説

beefy.financeがしてくれること

次にbeefy.financeが具体的に何をしてくれるかを説明していきます。

beefy.financeは、PancakeSwap等のDeFiのFarmやPoolの利益分を手数料を払う代わりに自動的に複利運用してくれます。

PancakeSwapのFarmを例にして考えてみましょう。

通常通りPancakeSwapを利用し、CAKE-BNBを複利運用することとします。

この場合、利益分のCAKEを半分BNBに両替して、LPを作って、CAKE-BNBへ追加するという手順が必要です。

すごくめんどくさいですよね。

これを少しの手数料を払う代わりに自動的に行ってくれるのが、beefy.financeなのです。非常に便利です。

beefy.financeの使い方

まずは、PancakeSwapでのLPをbeefy.financeで複利運用する方法をお伝えします。

PacakeSwap上で、Trade>Liquidityより預けたいペアの流動性を追加し、LPトークンを受け取ります。

これをbeefy.financeに預けるだけです。

Assetなどで預けるLPを絞り込むと見つけやすいでしょう。

“Uses:Pancake”と表示されているところに預けましょう。この表示はPancakeSwapで作ったLPを預けられるよっていう意味です。

Usesのところに違うDeFiが表示されていることもあります。それを利用したい場合は、そのDeFiでLPを作る必要があります。注意してください。

もちろん、預けたいLPがbeefy.financeにない場合もありますので、先にリサーチしておく方が良いですね。

beefy.financeを利用する際の考えうるリスク

こんなに便利なbeefy.financeですが、もちろんリスクもあります。

beefy.finance側のリスク

まず、このbeefy.finance側のハッキング等のリスクです。beefy.financeが資金を持ち逃げする可能性もゼロではないでしょう。

ハッキング等のリスクに対しては、第三者によって監査が行われており、beefy.financeは最も信頼できる監査会社であるCertiKの監査を通過しています。

参考 beefy.financeの監査レポートCertiK

このため、何も監査を行っていないプロジェクトよりは安全性が高いと考えられるでしょう。

PancakeSwapなどLPを作成したDeFi側のリスク

次に、LPを作成したPancakeSwap側で同様にハッキング等や資金の持ち逃げなどのリスクがあります。

ただ、PancakeSwapもCertiKの監査を通しています。

参考 PancakeSwapの監査レポートCertiK

PancakeSwap以外でのDeFiを利用してLPを作る場合には、どのようなレベルの監査を通過しているかを確認してリスクを理解しておく必要があります。

私は基本的には、CertiK以外の監査はあまり信用していないので、利用しているDeFiやイールドオプティマイザーはすべてCertiKを通過しています。

価格変動のリスク

LP作成に利用した通貨の価格変動のリスクは、beefy.financeを利用する際でも起こり得ます。APYも変動します。

預けたLPの運用状況を確認する

beefy.financeに預けた資金がちゃんと運用されているかが知りたい場合は、こちらのサイトで確認することができます。

自分のウォレットアドレスを打ち込んで、双眼鏡のマークをクリックすると運用状況を確認することができます。

beefy.financeだけでなく、PancakeSwapやautofarmなどの運用状況もまとめてチェックできる優れものです。

【自動複利】beefy.financeの使い方|まとめ

以上、beefy.financeの使い方でした。

意外に簡単でしたね。利用する際は、リスクを理解しつつ利用しましょう。

では、またぱんだぶろぐでお会いしましょう!

>>beefy.finance|公式サイト

beefy.financeと同じように自動複利運用をしてくれるautofarmの使い方も記事にしているので、もしよければどうぞ!

自動複利ができるautofarmの使い方をわかりやすく解説します。